ヘリポート利用のご案内

運用時間

午前7時から午後7時(日没が午後7時前の時は日没の時刻)までです。運用時間外の使用は原則として禁止されています。

使用手続

(1)ヘリポートを使用する際には、事前に使用承認申請書をヘリポート管理事務所に提出してください。 事前に提出できない場合は、電話連絡またはFAXにより仮提出してください。 その場合は、着陸後に正規の申請書を提出してください。

(2)利用の取り消し又は変更するときも、必ず電話連絡してください。

(3)利用料は乗員が持参してください。

離着陸機の制限

離着陸できるヘリコプターは、全長26メートル以下で最大離陸重量が9トン以下の機種に限ります。

フライトサービス

呼出名称は「TUKUBA FLIGHT SERVICE」です。周波数は130.775MHzです。

離着陸上の注意

(1)管制官は配置されていませんので、離着陸にあたっては十分気を付けてください。

(2)飛行経路については、民家上空を避け、桜川上空を飛行してください。また、陸上自衛隊霞ヶ浦飛行場のヘリコプターがヘリポート周辺で訓練を行っていることがありますので、十分注意してください。

利用料金

(平成28年2月現在)
区分 利用料金
着陸料 最大離陸重量が1トン以下の機種 1回につき840円
最大離陸重量が1トンを超え3トン以下の機種 1回につき1,330円
最大離陸重量が3トンを超え6トン以下の機種 1回につき1,930円
最大離陸重量が6トンを超える機種 1回につき1,930円に最大離陸重量が6トンを超える部分について1トン当たり1,410円を加算した額
停留料 1時間以上6時間未満停留する場合 最大離陸重量が3トン以下の機種 480円
最大離陸重量が3トンを超え6トン以下の機種 960円
最大離陸重量が6トンを超える機種 960円に最大離陸重量が6トンを超える部分について1トン当たり17円を加算した額
6時間以上停留する場合 最大離陸重量が3トン以下の機種 停留開始後24時間までごとに1,960円
最大離陸重量が3トンを超え6トン以下の機種 停留開始後24時間までごとに3,920円
最大離陸重量が6トンを超える機種 停留開始後24時間までごとに3,920円に最大離陸重量が6トンを超える部分について1トン当たり70円を加算した額

備考
(1)最大離陸重量が6トンを超える部分について、1トン未満の端数があるときは1トンとして計算する。
(2)6時間以上停留する場合の停留時間に24時間未満の端数があるときは、24時間として計算する。